Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

松山の旅 2日目

こんばんは、剣崎流星です。

今回も、昨日(2月20日)に続き松山の旅です。

今日は興居島へ。

伊予鉄高浜線で大手町から高浜まで。

そしてフェリーに乗って由良港へ。

これが興居島の景色の一部です。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170221193624j:image

絶景かな、絶景だな。

冬だから海で遊べないけれども、海を見られて嬉しいです。

しばらく歩いて、崎で海の風と香りを浴びました。

なんて香ばしい匂いだろう。

それに、しづけさが漂うこの島はまた雰囲気を醸し出します。

静かだからこそ、心は落ち着きます。

都会から逃げて、こんなところで心を休めるような感覚。

10分ほど歩くと、神社を発見。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170221194602j:image

人のいない神社。名前は…(Google Mapで検索中)

あ、そうそう、大将軍神社。

もうしばらく歩くと、地方らしい光景。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170221195623j:image

愛媛はみかんが有名なので、この島でもみかんの畑を数箇所発見しました。

興居島では特に観光で有名なわけではないので、今日はあまり人を見かけませんでした。

というか、この季節で多分人が寄ってこないのでは?と不思議に思いました。

夏だったらともかく、冬だったらここには行くところはそうそうないな、とようやく今納得。

興居島から戻って、ここで昼ご飯を。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170221200622j:image

ここでいか刺身を注文。

結構美味しかったです。

それに、食べながら会話できるのは多分この店で初めて。

お客さんらしきおじさんはあまり滑舌が良くなく、何を言っているのかあまり分からなかったので、店主に「翻訳」してもらいました(笑)

食事後、再び大手町駅へ。

今度は別の線の伊予鉄で大街道まで。

目的地は「松山城」です。

電車を降りてしばらく歩いて、入口へ。

なんと松山城へは、リフトかロープウェイに乗る必要があります。

僕はリフトにしました。

リフトに降りて少し歩くと、着物を着ているお姉さんが二人。

こんなところでなんで着物だろう?と今でも不思議に思っています。

7分ほど歩いて、やっと松山城

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170221202603j:image

梅の木がずらり並んでいるので、春に来た方が良かった、と自分に。

それにしても、この時期に梅が咲き始めた頃なので、少しはあります。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170221203122j:image

と、ここで僕の一句。

「天の道へ 飛べぬ紅梅 天咲う」ーー 剣崎流星

季語:紅梅(こうばい;春の季語)

解釈:空に憧れる紅梅は、天の道へは飛べない。

ただ天に向かって咲くことしかできない。

それでも、紅梅は「笑う」のだ。

梅を見た後、松山城からの景色を見ました。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170221204904j:image

松山城の後、歩いて道後温泉へ。

途中で、いくつかの句碑を発見。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170221205041j:image

「杉谷や 山三方に ほととぎす」ーー 子規

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170221205151j:image

「杉谷や 有明映る 梅の花」 ーー 子規

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170221205247j:image

この句碑は僕には読めないので、わかる方はコメ欄からどうぞ。

道後温泉本館に入り、お湯に浸かりながら心を休めました。

その後、商店街で「玉泉堂本舗」で「幻のせんべい」と言われる煎餅を購入。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170221210048j:image

パッケージからして、かなり美味しいと僕は思います。

そしてさすがに愛媛、パッケージにも俳句が。

「秋モハヤ 塩煎餅ニ 渋茶哉」ーー 子規

今日も楽しかったです。

松山の旅は残り明日で、明後日は大阪に戻ります。

また次回お会いしましょう!

 

松山の旅 1日目

こんばんは、剣崎流星です。

本日(2月20日)から23日まで、愛媛に旅行です。

そもそもなぜ愛媛かといえば、僕は俳句が好きだからです。

愛媛といえば、みかん・温泉・俳句が代表でしょう。

そこで今回の旅では俳句をメインにして、この3つ全てを堪能。

まずは雲海の写真から。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170220184112j:image

松山空港に到着後、バスでJR松山駅へ。

天気はあいにく雨。

幸い、今日の目的地は「子規記念博物舘」のみ。

なので、雨でも行けます。

松山駅に到着したら、句碑を発見。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170220184706j:image

「春や昔十五万石の城下哉」ーー 子規

これは子規の代表句で、松山の象徴を表す俳句とのこと。

そのため、松山の玄関の一つである松山駅に置かれたでしょう。

ホテルにチェックインして、さっそく道後へ。

松山駅から道後温泉駅まで伊予鉄(いよてつ)を乗る必要があります。

ただ、列車はどこかわからず、5分ぐらい探し回りました。

ようやくこの列車を発見。 

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170220185638j:image

この列車はなんと、道路の真ん中に走ります。

しかもほぼなんの柵らしきものもなく、乗り場もかなりスペースを節約。

料金はなんと均一160円、子供なら半額。

列車に乗っている時、これを発見。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170220190216j:image

汽車道をありけば近し稲の花」 ーー 子規

松山では、自分が詠んだ松山についての俳句を投函できます。

そのため、このようなポストは所々に置いてあります。

列車に乗って約15分、道後に到着。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170220191259j:image

ちょっと広い商店街で、主に食事処かお土産の店。

博物舘を探している間に、道後温泉本館を発見。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170220191857j:image

結構写真を撮りに来た人が多い模様。

グループで自撮りしている女子もいました。

今日はただ見に来ただけで、明日温泉に入ります。

雨のせいでせっかく企画した旅行の手筈がめちゃくちゃ。

本来なら、松山城湯築城、伊佐爾波神社といった松山の名所に行きたいところでした。

なので、道後温泉を見に来た後、子規記念博物舘へ。

と、その前に、また句碑を発見。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170220192500j:image

これは道後公園の入口に置かれています。

くずし字が読めない僕には、これだけではどうしようもありません。

なので、隣の解説の看板に頼るしか手はありません。

「ふゆ枯れや鏡にうつる雲の影」ーー 子規

「半鐘と並んで高き冬木哉」 ーー 漱石

そしてもうひとつ。

これはさっきのやつより明らかに読めます。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170220192457j:image

ただ、読めるからといって、古文の知識がない僕にとっては、かなりの難題。

俳句は、意味を解釈できてはじめて、理解できます。

さっそく子規記念博物舘に。

入館そうそう、俳句の世界へと迷い込んだかのような感じ。

そして展覧へ。

展覧の内容をまとめると、次のようになります。

・愛媛の誕生

・戦国時代の四国

正岡子規の人生

夏目漱石の「坊ちゃん」

文学に興味のある方にとっては、見て損はないでしょう。

中はほとんど撮影禁止ですので、この写真だけをご覧ください。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170220194357j:image

博物舘の後、ホテルに帰りました。

今日は雨のせいであまりどこにも行けなかったので、計画を立て直します。

以上、本日のブログです。

また次回でお会いしましょう!

 

剣崎流星

今日の俳句:二〇一七年二月三日

こんにちは、綾崎源介です。
今日2月3日、節分の日ですね。
節分といえば、福豆、豆撒きなどの季語がありますね。
というわけで、本日のお題はこちら。

「節分の日」

今回から、僕はお題(写真ではない)を決めて、そのお題に関係する俳句を詠むことにしました。
それでは、僕が詠んだ俳句をご覧ください。

「福豆の 転ぶ赤鬼 転ぶなり」

季語:福豆(ふくまめ;冬の季語)
解釈:赤鬼を退治するために、福豆を投げる。
その豆が転ぶところに、ちょうど赤鬼が通っている。
赤鬼は福豆を踏んで、転ぶ。
結果、福豆はある意味で赤鬼を退治してくれる。

以上、今日の俳句でした。
鬼は外福は内!
また次回でお会いしましょう!

YouTuber、やっぱつれぇわ

こんにちは、綾崎源介です。
いきなり質問ですが、YouTuber(ユーチューバー)をご存知ですか。
インターネットをよく利用される方なら、少なくとも1人は知って当然というところでしょう。
しかし、その1、2人の他にたくさんのYouTuberが存在します。
僕はというと、元YouTuberです。
何故辞めたのか、後述します。
まずはYouTuberとは何かを説明していきます。

YouTuber = YouTube + -er
つまりYouTubeに主に動画投稿を仕事または趣味としている人です。
ほとんどのYouTuberは、金銭目的で動画を投稿しています。
ですからある意味で「職業」と言えます。
動画のジャンルは、商品レビューやゲーム実況など、多岐にわたります。
YouTuberはどのように儲かるのか、今から説明します。

まずはパートナーと契約。
YouTubeやMCN (Multi Channel Network) のことです。
どちらにせよ、契約の際に注意が必要。
特にMCNとの契約の際に、よく契約を読まないと後で大変なことになります。
そして、1再生数ごとに0.1円程度がもらえます。
ただし!(ここが重要)広告が流れないと無意味!
つまり、広告をブロックするようなツールを視聴者が使うと、その分がもらえないのです。

先ほど「大変なこと」と言いましたが、僕の例でいうと契約自動更新や収入の割り当てが結構厄介。
2年ごとに更新して、しかも離脱のしようがないのが致命的。
それに加え、収入が2〜3割も持っていかれます。
あまり人気のないYouTuberにとっては、辛い状況です。

じゃあなぜ契約してしまったのかというと、ネットワークと自分の思い込み、それに迂闊さ。
ネットワークを拡大し、もっと再生数を増やせるじゃないか、という甘い考え。
そして当時、オンラインで稼ぐ方法はこれしかない、という単純すぎる思い込み。
それに加え、よく契約を読まずに迂闊に契約したのも自分のせい。

動画投稿開始から2年経って、再生数は伸びるものの、下限の支払い可能な収入(50ドル)までは程遠かったです。
最初はゲーム実況のみでしたが、ネタ切れになったので他のジャンルにも挑戦。
結局、再生数は伸びず苦戦。
振り返ったら、自分は何をやっていたのだろう、という大きな疑問。
チャンネル自体がめちゃくちゃすぎて、整理しようがなくなりました。
そして僕の心が脆いせいか、低評価が気になってなりませんでした。

2年半の動画投稿は時間の無駄とは言えないが、サンクコストがかなり大きいです。
これ以上やると自分が滅びると思っているので、チャンネル更新停止を決意。
そして、動画撮影用のカメラを買い取りました。
これから本格的にアルバイトに集中しようと、考え直します。

YouTuber、やっぱつれぇわ

以上、本日のブログ記事でした。
質問がある方は、下のコメント欄からどうぞ。
できる限りお答えしますので。

また次回の投稿でお会いしましょう!

更新
・2016/1/24 16:05 情報を追加しました

今週の俳句 二〇一七年一月十五日

こんばんは、綾崎源介です。
今日多くの場所で雪が降っていましたね〜
というわけで、本日のお題はこちら。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170115192645j:plain

窓からの雪

雪といえば、冬を代表する季語ですね。
そして「雪月花」という3大の季語の一つでもあります。
この写真で僕が詠んだ一句はこちら。

「夕暮れの 窓にかの日の ごとき雪」

季語:雪(冬の季語)
解説:夕暮れになって、窓の外を見たら、あの日のような雪が降っている。
友達と過ごしたあの頃、激しい雪の中で遊んでいた。
今日もその雪が降っているが、もう誰もいない。
その窓に寂寥感が漂っている。

以上、本日の俳句でした。
また次回お会いしましょう!

綾崎源介の大学生活 第0章:入学はなぜ嬉しいのか?

こんばんは、綾崎源介です。
いきなりですが、高校生の皆さん、どこの大学を希望しますか。
そしてお読みになっているみなさんがイメージしている大学生活は、どんな感じですか。
この「綾崎源介の大学生活」シリーズは、「僕の」大学生活やいかに、とみなさんに語りたいです。

注意:ネタが含まれます。わからない方は質問してくださいね〜
???(俺に質問するな!)
注意2:これは僕の実の話です。雰囲気を醸すために、できるだけ物語っぽくします。

第0章:入学はなぜ嬉しいのか?
大学だー!と興奮が止まらない僕。
入学式では、人だかりで、みんなスーツか着物。
(ちなみに僕はちゃんとスーツを着ていました)
そして、四月(は君の嘘)にふさわしい桜。

僕は日本語学校の頃の友達と一緒。
ここからは俺のステージだ!と仮面ライダー鎧武のセリフを念に。
入場早々、荘厳な雰囲気が。
そして、どうでもいい演説。
そして、どうでもいい応援団。
おい、せめてラブ○○○の曲を踊れや!
とその時、この曲が僕の頭に。

I want you! I need you! I love you! 頭の中…」

はい、かの某有名なアイドルグループの有名な曲です。

入学式の後、僕は記念写真を。
もちろん一人分です。

別の日に、学部のオリエンテーション
見渡す限り、可愛い女子が多々います。
(実はこの考えで、この後僕はエライ目に遭う羽目に…乞うご期待!)
そして、大学での最初の友達。
隣の男子が、僕に声をかけて…なんだっけ?(内容は覚えていませんm(_ _)m)

オリエンテーション後は、クラス分け。
担当先生は、イケメンで強いのね、嫌いじゃないわ!(ネタセリフです。俺は男だ!)
そして所長リーダーを決定。
結果、僕の友達がリーダーに。
でも結局、このクラス分けなんか意味なくね?と疑問を。

後日、サークルオリエンテーション
最初に逝った行ったのは、交流サークル。
そこで、他の留学生と出会いました。
出会った人と何人かで近くの店でたこ焼きを食べました。

次回予告
第1章:新・生・難・題
大学の授業内容って、むずくね?と思う綾崎。
同じ学部の友達は、できるのか?
綾崎源介の大学生活の行方やいかに?
難題だらけの1年生は、いよいよ開幕!

一日一枚+俳句特別編:二〇一七年一月九日:成人の日

こんにちは、綾崎源介です。
今日は成人の日ですね。
新成人の皆さん、おめでとうございます。

さて、本日は2つのコーナーを融合してブログを投稿。
そう、僕の成人式の話と俳句を一緒に。
まずは写真からどうぞ。

f:id:Gensuke_Ayasaki:20170109125540j:plain

これが、成人式の時の僕です。なんだか科学者っぽい格好ですね(笑)
これは3年前の話で、僕が東京にいる頃。

お断りですが、僕は日本人ではありません。
今使っている日本名は、僕が自分で作った名前です。

日本に来るのは2013年10月。
当然、当時の日本語能力はゼロに収束。(数学の専門用語使っちゃいましたww)
日本文化に関する知識も、アニメぐらいしかありませんでした。

同年の11月に、ちょうど二十歳になりました。
2013年末に成人式への招待が来ました。
2014年の成人の日に、新宿で行った成人式へ向かいました。
初めて日本人と「接する」機会。
しかし、先ほど言った通り、当時僕の日本語はまだ稚拙。
しかも、日本語学校の寮にいる友達は、みんなまだ18~19歳、あるいは20歳を過ぎた人ばかり。
なので、仕方がなく一人で成人式へ。
誰と喋ろうかなあ、なんて考えつつ、入場。
最初の光景は、着物と袴。
かっこいいお兄さんたちと、可愛いお姉さんたち。
特に着物のお姉さんたちは、超絶の可愛さ。
だが俺はオタクだ!と恋愛を拒否。(苦笑)

またお断りですが、僕は(名前を)知らない人を呼ぶ時、いつも家族の呼称を使っています。
当然、名前を知る人は、きちんと名前(+敬称)で呼びます。

入場早々、いろんな(どうでもいい)書類を配られました。
内容は当然、大人になった時のマナーなどの話。
特に、酒・タバコ・運転が多かったです。
そして写真を撮影。そう、上のやつです。(笑)

上の階に行ったら、なんと食べ物がずらりと!(目がキラキラ)
この時点で、会話なんかどうでもいい!とすぐ食べ物へ。
そして乾杯の後(おい、話飛ばしてるぞ、なんて突っ込まないでください)僕はバカ食い。
催し物もありましたが、日本語がわからなかったので、何じゃこりゃ?と思ってばかり。
結局、誰とも喋らずに、ひたすら食べ物に専念。
満腹すぎて、その日の晩御飯をスキップ。(笑)

以上、僕の成人の日の話でした。
続いては俳句コーナー!

本日のお題はもちろん「成人の日」です。
僕が詠んだ一句はこちら。

「成人式の 着物の綾(あや)や 空の色」

季語:成人式(新年の季語)
解説:成人式に来て、特に目立つのは、可愛いお姉さんたちの着物の絵柄(ここでは「綾」と表現)です。
そして空を見上げて、青空も綺麗だな、と思っています。
着物の絵柄と、空の色が、コントラストをなしています。
まさに「成人式」にふさわしい光景です。

以上が本日のブログでした。
それでは、また次回お会いしましょう!
See you next time!