Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

SNSをやりすぎて憂鬱になりかけた僕の話

SNS Facebook

こんにちは、綾崎源介です。
今日は少し暗い話ですが、最後まで読んでいただければと思います。
みなさんはSNSを使っていますか。僕はたくさんのSNSを持っています。
Facebookといい、Twitterといい、Instagramといい、これら全部です。
しかし、自分はこれらに対する満足度が何故に不足していると思うことは度々。
ひどい時は、長時間使用して来ているのに更に使い続けたい、という欲望が。
やめたいやめたい、と考えつつも、その「欲望」が邪魔してやめられない場合がほとんど。
そんな僕は、今回のブログで「SNSをやりすぎて憂鬱になりかけた」という僕の話をしたいと思います。

事は2016年11月の辺りから。自分の孤独感が増していきました。
その原因は、Facebook。当時、僕はFacebookを過剰に利用していた。
毎回開くたびに、必ず他人の更新を見ました。そして自分も更新。
しかし、どうも自分の更新はコメントはおろか「いいね!」すら比較的に少ないと感じました。
他人に負けないように、いざ勝負だ!と僕はまたステータスを更新、写真を投稿。
しかし、事はうまくいかず、「いいね!」の数が増えない…という厳しい現実に。
そしてそこから、僕は闇堕ち。具体的に言えば、嫉妬・憤怒・傲慢という七つの大罪に当たる感情が3つも。
加えて、精神病に行かなければならないほど憂鬱に。(もっとも、うつ病ではありませんでしたが)
それにより、自分が自分でなくなる日々がしばらく続きました。
光を差す自分が、いつのまにか闇に取り込まれました。
問題を解決するために、仕方なくしばらく部活を退会し、LINEのグループをいくつも退会。
そして最後の決断は、Facebookの削除。
もうこれ以上他人の「偽りの人生」を見るのが御免なので、削除しました。
躊躇は残るものの、これ以上自分を傷つけないためにも、これがベストだと。
そして今の僕は、いつも元気で明るい自分に戻りました。
いつもの友達と喋るようになりました。
Facebookが消えたので、残念というより嬉しさが。
そして今はTwitterInstagramとLINEのみを利用しています。
TwitterInstagramを利用する僕のたいていの目的は、自分の好きな芸能人をフォローしたり、ニュースを読んだりすること。
LINEは、友達・家族などの連絡用。

まとめると、SNSを利用するのに何を目的にするか、また自分と他人に悪影響を及ぼさないようにどのように利用すれば良いかを考えなければなりません。実際に、SNSの過剰利用により、自分の健康に悪影響を及ぼす実例は少なくないでしょう。詳しくは、研究論文をご参照ください。
以上、僕とSNSの話でした。ご精読ありがとうございました。
それでは、また次回お会いしましょう!