Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

YouTuber、やっぱつれぇわ

こんにちは、綾崎源介です。
いきなり質問ですが、YouTuber(ユーチューバー)をご存知ですか。
インターネットをよく利用される方なら、少なくとも1人は知って当然というところでしょう。
しかし、その1、2人の他にたくさんのYouTuberが存在します。
僕はというと、元YouTuberです。
何故辞めたのか、後述します。
まずはYouTuberとは何かを説明していきます。

YouTuber = YouTube + -er
つまりYouTubeに主に動画投稿を仕事または趣味としている人です。
ほとんどのYouTuberは、金銭目的で動画を投稿しています。
ですからある意味で「職業」と言えます。
動画のジャンルは、商品レビューやゲーム実況など、多岐にわたります。
YouTuberはどのように儲かるのか、今から説明します。

まずはパートナーと契約。
YouTubeやMCN (Multi Channel Network) のことです。
どちらにせよ、契約の際に注意が必要。
特にMCNとの契約の際に、よく契約を読まないと後で大変なことになります。
そして、1再生数ごとに0.1円程度がもらえます。
ただし!(ここが重要)広告が流れないと無意味!
つまり、広告をブロックするようなツールを視聴者が使うと、その分がもらえないのです。

先ほど「大変なこと」と言いましたが、僕の例でいうと契約自動更新や収入の割り当てが結構厄介。
2年ごとに更新して、しかも離脱のしようがないのが致命的。
それに加え、収入が2〜3割も持っていかれます。
あまり人気のないYouTuberにとっては、辛い状況です。

じゃあなぜ契約してしまったのかというと、ネットワークと自分の思い込み、それに迂闊さ。
ネットワークを拡大し、もっと再生数を増やせるじゃないか、という甘い考え。
そして当時、オンラインで稼ぐ方法はこれしかない、という単純すぎる思い込み。
それに加え、よく契約を読まずに迂闊に契約したのも自分のせい。

動画投稿開始から2年経って、再生数は伸びるものの、下限の支払い可能な収入(50ドル)までは程遠かったです。
最初はゲーム実況のみでしたが、ネタ切れになったので他のジャンルにも挑戦。
結局、再生数は伸びず苦戦。
振り返ったら、自分は何をやっていたのだろう、という大きな疑問。
チャンネル自体がめちゃくちゃすぎて、整理しようがなくなりました。
そして僕の心が脆いせいか、低評価が気になってなりませんでした。

2年半の動画投稿は時間の無駄とは言えないが、サンクコストがかなり大きいです。
これ以上やると自分が滅びると思っているので、チャンネル更新停止を決意。
そして、動画撮影用のカメラを買い取りました。
これから本格的にアルバイトに集中しようと、考え直します。

YouTuber、やっぱつれぇわ

以上、本日のブログ記事でした。
質問がある方は、下のコメント欄からどうぞ。
できる限りお答えしますので。

また次回の投稿でお会いしましょう!

更新
・2016/1/24 16:05 情報を追加しました